サイトマップ

母乳の効果とは

母乳の効果は様々なものがあり今でも研究され続けていますから、新発見が伝えられることがあるのです。 当サイトではそのような母乳の効果について説明し、それと同時に栄養分と沢山出す為のポイントについてご紹介します。 研究の結果母乳には糖尿病・リンパ腫・白血病・喘息といった症状を予防する効果があることが判明します。

母乳の中には白血球や免疫グロブリンといった生理的物質が豊富に含まれており、各器官の成長と免疫系の発達を促してくれるのです。 更に抗炎症と抗菌作用もある為それが影響して子供の免疫力を強くしてくれるので、病気になりにくい健康的な状態に出来ます。 そして母乳を出すことで母親に対しても良い影響を与えることが研究の結果判明しましたから、このような情報が影響して子供に対して積極的に授乳させる方は増えました。

母乳育児を続けることで排卵が抑制されてエストロゲンレベルが下がるので、乳がんや卵巣がんといった病気を予防しやすくなります。 その他にも原因はまだ判明していませんが定期的に母乳を飲ませ続けることで骨全体が強くなったといった報告もあり、骨粗鬆症を防ぐのではないかと考えられるようになりました。 また授乳することでプロラクチンやオキシトシンといったホルモンが分泌されるので、ストレスを緩和させられるのです。 子育てホルモンや抱っこホルモンとも呼ばれるこれらにはストレスを抑制させる効果がありますから、免疫力を向上させて育児を続けやすくなるのです。

メインコンテンツ

その他のコンテンツ